公益財団法人    
   園芸植物育種研究所

    Institute for Horticultura Plant Breeding
 

平成24年度 事 業 報 告

1.業務の概要

1)研究に関する業務

(1) 蔬菜の品種改良に関する研究

果菜類4品目について下記のとおり育種を継続した。また夏期の高温や冬期の低温に対応した省エネルギー・省力を図るため、作型や各作業の検討を行った。

ト マ ト:小玉種および普通種について、高品質、多収な病虫害抵抗性品種の育成を目指した。また、雄性不稔性を利用した採種の効率化や、効率的な選抜のための栽培方法、調査方法の検討を行った。
ピーマン:ウイルス抵抗性の未熟果収穫品種の育成、既発表完熟果収穫品種の親系統の改良、土壌病害抵抗性台木品種の育成などを継続して行った。また、試交F1の採種および試作を行い、その組合せの能力を検討した。配布品種の原々種採種、導入素材の継代採種を行った。
メ ロ ン:一般家庭で日常消費される「ホームメロン」の特性をさらに強化した品種を検討した。省力・安定生産できる形質、可食部の多さ、貯蔵性や輸送性、および他品種と区別できる果実外観を持つこと等を品種育成の基本とした。また、生産の安定、低コスト化、土壌病害に対応するため、複合抵抗性耐病性品種の検討を行た。
カボチャ:集約栽培および粗放栽培に適する黒皮品種および赤皮品種の育成を行った。それぞれ高粉質で加熱調理後も果肉色が鮮やかで、外観に特色のあるもの、また少肥、省力となり病害抵抗性を有する品種の育成を目指した。配布中品種の原種採種、導入素材の継代採種を行った。

(2) 共同研究,受託研究

@中型カラーピーマンの普及と開発に関する研究(西都農協との共同研究)

A宇宙飛行士山崎直子さんにより宇宙遊泳した「松戸白カボチャ」の維持、増殖や交雑後代の育成(松戸市との共同研究)

B土壌くん蒸用ガスバリアー性フィルムの現場ニーズに合わせた設計開発と適応性の評価(農業環境技術研究所、株式会社クラレとの共同研究)

Cビール酵母分解物の評価試験(アサヒビールホールディングス株式会社 豊かさ創造研究所との共同研究)

(3) 研究成果の発表等

@論文発表
・メロンの果実内発芽に関する研究
・低濃度エタノールによる新規土壌消毒法に関する研究

2)普及に関する業務

(1) 種子の生産・配布

 配布用種子6種(トマト、ピーマン、メロン、カボチャ、キュウリ、エンドウ)春作で16品種、秋作で1品種の生産を計画し、所内外において実施した。メロン、カボチャ、キュウリはやや豊作でトマト、ピーマンは平年作であった。エンドウは採種栽培中で6月頃に種果収穫予定である。また、配布取り扱い品種はトマト、ピーマン、メロン、カボチャ、キュウリ、エンドウの6種56品種である。

(2) 講演会,講習会,説明会等への講師派遣

@ 6月に本研究所において、第19回園芸技術講演会を、2月愛媛県松山市において、愛媛県、JAえひめ県本部、ならびに愛媛県の維持会員ベルグア−ス梶A拒コ田種苗店との共同開催で第20回園芸技術講演会を実施した。

A 研究成果の普及に関る講習会及び説明会には、所員の派遣回数は57回、延べ220会場実施し

B 今年度は特に社会的関心が高く、要請の多かった次の2課題について、講師を派遣した。
    「土壌還元消毒による殺菌効果」:東京、千葉等3か所
    「農作物の放射能汚染と健康への影響」:福島、埼玉、千葉県等6か所

 

3)教育・研修に関する業務

(1) 学会,講演会等への参加

 国内における園芸学会等に24回29人が参加した。

(2) 研修生の教育

 長期研修生1名を受け入れ、継続していた1名は5月で終了した。

(3) その他の教育

文部科学省サイエンス・パートナーシップ・プログラムに講師として参加した。
千葉大学園芸学部学生のインターンシップ・プログラムを受け入れた。
職場体験学習として松戸市の中学校を受け入れた。
品川区共催星薬科大学公開講座の講演を行った。

 

4)編集・出版・広報に関する業務

(1) 年報・要覧の編集発行

 平成23年度日本園芸生産研究所年報」を平成24年5月に発行した。
「公益財団法人園芸植物育種研究所要覧」を平成24年11月に発行した。

(2) オープンデイの開催

 6月15日(金),16日(土)の2日間開催し,343名の参加があった。所内で同時開催した第19回園芸技術講演会も約100名が集まり、野菜の品種解説、研究成果の発表、栽培野菜の一部公開等を行った。

2.役員会の開催と審議事項

1)第1回理事会の開催          平成24年5月24日(木)

(1) 平成23年度事業について
(2) 平成23年度収支決算について
(3) 評議員の推薦について
(4) 公益法人への移行申請の経過について

2)第1回評議員会の開催         平成24年6月26日(火)

(1) 平成23年度事業について
(2) 平成23年度収支決算について
(3) 理事の選任について
(4) 監事の選任について
(5) 公益法人への移行申請の経過について

3)第2回理事会の開催          平成24年6月26日(火)

(1) 理事長及び常務理事の選任について
(2) 所長の委嘱について
(3) 公益法人への移行申請の経過について

4)理事会の開催             平成24年11月30日(金)

(1) 平成24年度前期(4月1日〜9月30日)事業経過について
(2) 平成24年度前期(4月1日〜9月30日)収支決算について
(3) 平成24年度後期(10月1日〜3月31日)事業計画(案)について
(4) 平成24年度後期(10月1日〜3月31日)収支予算(案)について
(5) 組織等規則の改正について
(6) 評議員会の日程及び議題について

5)評議員会の開催            平成24年12月10日(月)

(1) 平成24年度前期(4月1日〜9月30日)事業経過について
(2) 平成24年度前期(4月1日〜9月30日)収支決算について
(3) 平成24年度後期(10月1日〜3月31日)事業計画(案)について
(4) 平成24年度後期(10月1日〜3月31日)収支予算(案)について

6)理事会の開催             平成25年3月6日(水)

(1) 平成25年度事業計画(案)について
(2) 平成25年度収支予算(案)について
(3) 公益財団法人園芸植物育種研究所定款の一部改正(案)について
(4) 公益財団法人園芸植物育種研究所職員就業規則(案)について
(5) 評議員会の日程及び議題について

7)評議員会の開催            平成25年3月18日(月)

(1) 監事の選定について
(2) 理事の選定について
(3) 平成25年度事業計画(案)について
(4) 平成25年度収支予算(案)について
(5) 公益財団法人園芸植物育種研究所定款の一部改正(案)について

 


Copyright (C)2008 HRI. All Rights Rreserved